衣装を決める

人生の中でそう数多く経験することができない妊娠ですが、最近妊婦生活の思い出を写真に残すためにマタニティーフォトを撮影する人が増えています。
マタニティーフォトとは妊婦さんだけでなく夫婦でも撮影でき、産まれてくる赤ちゃんを想いながら写真におさまります。
撮影の時期としてはお腹がかなり目立つようになる8ヶ月から9ヶ月が適していますが、本人の体調を一番に考えて臨むことが大切です。
シチュエーションは希望制なので大胆にお腹を出して撮ってもいいですし、もちろん洋服を着て撮影することもできます。
出産後改めて写真を見ると妊婦時代の思い出がよみがえって幸せな気分になれて、より産まれた赤ちゃんを愛おしく思えるアイテムです。

これからはただ単に妊婦の姿で写真を撮ることだけにおさまらず、あらゆる種類のオプションが考えられると想像できます。
現に最近だんだん流行ってきたボディペイントを施して撮影する方法などです。
妊婦の大きなお腹に顔やメッセージをカラフルな絵の具で描き、撮影するのです。
後から見返しても撮影までの楽しい時間も思い出せるような内容で、お腹を出すのを最初は恥ずかしがっていた人もペイント付きなら大丈夫だと言う場合もあります。
その他可愛い衣装をいろんな種類から選べたり病院で撮ってもらったエコー写真とコラボレーションさせたり、枠にはまらないでより被写体である妊婦が笑顔でのぞめるような写真撮影を展開していくことで進化を続けています。